VR事業 – VRリラクゼーション®

極上の癒やし 「VRリラクゼーション®」

 

 

アメリカでは、既にVRが「セラピー」として使われています。

 

「この治療用VRソフトは、
2004年以降はアメリカ各地の75カ所を超える
医療機関で利用されてきた。
推定で2,000人を超える元兵士の
PTSD患者の治療に役立ったとされる」
「VR治療に効果があるという証拠は、今では確固たるものだ」
~第5章 2,000人のPTSD患者を救ったVRソフト~

 

 

プロフィール

 

 こんにちは。 

 公認心理師の児島弘樹です。

 

 

ヒプノセラピー(催眠療法)・認知行動療法・栄養療法・運動療法など、
様々な心理療法に精通した心理カウンセラーでありながら、
スピーチやプレゼンテーションの知識や経験も豊富で、
スピーチの全国大会で準優勝した実績を持つ。

1,500人以上のクライアントを持ち、現在の個人セッションは紹介制のみとなっている。

 

 大学では応用物理学を専攻し、卒業。

 「VR心理療法」の可能性にいち早く着目し、
2019年12月
には、「VR心理療法」のテストコンテンツを制作。

 誰もが質の高いセラピーを手軽に受けられる
“セラピーの民主化”
を目指し、
 「VRリラクゼーション®」の制作、普及のための活動を行っている。

 

 

主な資格・実績など

 株式会社Flowverse 代表取締役

 公認心理師(※日本で唯一の“心理職”国家資格)

 慶應義塾大学 理工学部 卒(応用物理学 専攻)

 日本催眠学会(※日本学術会議所属学会)評議員

 日本臨床ヒプノセラピスト協会(JBCH)認定
   アドバンスト・インストラクター

 米国催眠士協会(NGH)認定 インストラクター

 国際催眠連盟(IHF)認定 インストラクター

 国際催眠連盟(IHF)認定 Medical Hypnotherapy Specialist

 臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー

 NESTA PFT
(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
パーソナルフィットネストレーナー)

 Toastmasters International

   2011秋季全国大会・日本語論評スピーチコンテスト 準優勝

 

 

 

 

 

現在提供中の「VRリラクゼーション®」

https://dokodemodoors.com/

※名称が「YouConnect」から「どこでもドア」へ変更となりました

 

現在、「どこでもドア」にて、世界各地の絶景に入り込み、
リラクゼーションを受けることができます。

日々の疲れを癒やし、より豊かな人生へと導きます。

各地名とリラクゼーションのテーマは、下記です。

 

・青森県 奥入瀬「リフレッシュ」(約10分)

 

・ニュージーランド デカポ湖「心の平安」(約10分)


・モルディブ「リラックス」(約10分)

 

・スイス ブラウ湖「集中力アップ」(約10分)

あなたは、スイスに1,2を争うほど透明度の高い、
エメラルドグリーンの湖があることをご存知でしょうか?

「ブラウ湖」は、
ドイツ語で「青い湖」を意味し、「伝説の青い湖」とも呼ばれています。

標高887mに位置する、ベルン州のカンダー谷にある湖で、
木々に囲まれた広大な自然公園の真ん中に位置しています。

湖には、女性の像が沈んでいるのですが、
これは、恋人の死を悼み、傷ついて湖に入って亡くなった美しい乙女で、
彼女の目が真っ青だったことから、「湖の色が青くなった」と言われています。

「ブラウ湖」は、自然公園の豊かな森と、
透明度抜群の湖を誇る圧倒的な美しさで有名な観光地です。

この美しい「ブラウ湖」のVR映像に、
「集中力アップ」の誘導を折り込みました。

 

・ナイジェリア アボキムの滝「エネルギー増幅」(約10分)

あなたは、
ナイジェリアに緑豊かな熱帯雨林に囲まれ、
圧倒的で壮大な滝があるのをご存知でしょうか?

「アボキムの滝」は、
崖の上から豪快に流れ落ちる7つの滝の集合体で、
運が良ければ、滝の水が霧状になって流れ落ち、虹色に輝く瞬間を見ることができます。

「アグボキムの滝」は、
ナイジェリア南東部のクロスリバー州都、
カラバルから320km離れたところにあり、
カメルーンとの国境に近い場所にあります。

口伝によると、
1900年代初頭に、NTankumという名のハンターが、
滝のエリアを発見したときにまで遡ることができると言われています。

この滝は、7つの流れが険しい崖を越えて荒々しく落下し、
圧倒的で壮大な滝を作り出しています。

緑豊かな熱帯雨林の中で豪快に流れ落ちる滝からは、
力強い生命力で満たされた、
パワフルなエネルギーが伝わってくることでしょう。

この壮大な「アボキムの滝」のVR映像に、
「エネルギー増幅」の誘導を織り込みました。

 

・ギリシャ サントリーニ島「充実感」(約10分)New!

あなたは、エーゲ海に、
「涙が出るほど美しい夕日を眺めることができる島」
があるのをご存知でしょうか?

「サントリーニ島」は、
エーゲ海のキクラデス諸島にあるギリシャ領の島です。

別名「エーゲ海に浮かぶロマンティックな島」
とも呼ばれます。

「サントリーニ島」は、
紀元前1628年頃、海底火山の爆発的噴火により、
カルデラを形成し、現在のような形状になりました。

この爆発的噴火は、
洋上の理想郷・アトランティス伝説に、
大きな影響を与えたと言われています。

この島には、断崖絶壁にたたずむ白く美しい街並みや、
目前に広がる青いエーゲ海など、
すばらしい絶景が広がっています。

この美しい夕日が沈む「サントリーニ島」のVR映像に、
「充実感」の誘導を織り込みました。

 

VRコンテンツは、今後さらに拡充していきます。

 

心理検査による検証

クライアント10人を対象に、
「VRリラクゼーション®」のコンテンツ「ニュージーランド デカポ湖(テーマ:心の平安)」(約10分間)を体験してもらい、
体験前後で不安に関する心理検査STAIと、うつ症状に関する心理検査SDSを実施しました。

 

その結果、不安に関する心理検査においては、10人中10人に数値改善が認められ、
うつ症状に関する心理検査においても同様に10人中10人に数値改善が認められました。

※心理検査とは?
心理検査は、一般的な心理テストとは異なり、
医師や公認心理師・臨床心理士などの専門家や専門機関しか扱うことができない厳密な検査です。
論文のデータとしても使われます。

約10分間の「VRリラクゼーション®」コンテンツを1回体験するだけで、
これだけの効果があるのであれば、
継続して体験することで、さらに大きな改善が期待できると考えられます。

 

 

ご利用料金

 

 

全て見放題

月額500円【税込】

 

 

対応VR端末

 

 

VR端末「Oculus Quest 2」が必要となります。

数年前まで、約15万円以上したVR端末も、性能が格段に上がり、お手頃な価格となりました。

極上の癒やし「VRリラクゼーション®」を体験したい方は、
ぜひ、VR端末「Oculus Quest 2」をご準備ください。

値段が下がったとは言え、 まずは一度体験してみたいという人には、VR端末のレンタルもあります。

レンタルなら、3,980円から利用することができます。

ですが、何度もレンタルするなら、購入する方が結果的に安くなりますので、
レンタルはVRの一時体験として活用してください。

・Oculus Quest2(64GB) 一体型VRヘッドセット|kikito[キキト] – ドコモのデバイスレンタルサービス
https://rental.kikito.docomo.ne.jp/rental/devices/FB000110/

・[レンタル] Oculus Quest 2 (64GB) – アストネス
https://astoness.com/products/oculus-quest2-64gb

 

登録方法

1.https://dokodemodoors.com/homeをクリックすると、下記の画面になります。

 「会員登録(無料)」をクリックしてください。

 

2.下記画面の「メールアドレス」「ニックネーム」「パスワード」を入力し、「登録する」をクリック。

 

 

3.認証確認メールがすぐに届きますので、
メールアプリを起動し、
「Click here」をクリックして認証確認を行ってください。

 

 

4.アカウントを作成すると「どこでもドア」の会員ページに遷移するので、
 左下「Therapy」の「体験する」をクリックしてください。

 

5.お好きな「VRリラクゼーション®」の「入室」をクリックすると、クレジットカード決済画面に移動しますので、
決済を済ませて「VRリラクゼーション®」をご体験ください。

 

最後に

 

「セラピーを“民主化”したい!」
という思いをもって、私はこの「VRリラクゼーション®」を開発しました。

そのため、この「VRリラクゼーション®」は、
私の思いを反映して、月額500円という、
弊社が提供しているサービスの中でも、飛び抜けてお得な価格を実現しています。

 

「VRリラクゼーション®」は、私が長い間、温めてきたアイデアです。

 

世界各地の絶景に入り込む
“極上の癒やし”「VRリラクゼーション®」をご堪能ください。

 

 

 

 

https://dokodemodoors.com/home

 

 

BLOGサブタイトル

  • カテゴリーなし
最近の記事
おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。
TOP